Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » ハワイ旅行 » ハワイ個人旅行の手配は何が必要?注意点は?出発前の準備は意外と簡単|ハワイ旅ブログ

ハワイ個人旅行の手配は何が必要?注意点は?出発前の準備は意外と簡単|ハワイ旅ブログ

calendar

reload

ハワイ個人旅行の手配は何が必要?注意点は?出発前の準備は意外と簡単|ハワイ旅ブログ

旅行のツアーでは旅行に必要な手配は全て旅行会社がしてくれます。

個人旅行では手配の全てを自分でしなくてはいけません。

個人旅行でハワイに行く際に必要な手配をまとめてみました。

スポンサーリンク

ハワイ個人旅行の必要な手配と注意点

初めてのハワイ旅行はツアーで行きました。

ホテル、飛行機、現地での移動などの手配は全て旅行会社に任せました。

個人でハワイ旅行に行く時にはどんな手配が必要?

毎回ハワイ旅行の出発前にしている手配をまとめてみました。

ハワイ ツアー旅行メリット・デメリット

個人旅行 メリット デメリット

ハワイ旅行をツアーで行くメリット・デメリットは?

まとめてみました。

ツアー旅行のメリット

航空券・ホテルの手配 面倒な手配は全てツアー会社が代行してくれます。
ホテルまでの送迎 空港についてからホテルまでは送迎してくれます。
滞在中のサポート 滞在中のレストランの予約、トラブルなどにはデスクが対応

ハワイ旅行にツアーで行くメリットいくつかあります。

ツアーによっては滞在中のトロリーが無料、現地のツアーデスクの利用が無料などサービスも多いです。

ホテルまで連れて行ってくれるのが、ツアー最大のメリットかもしれません。

ツアー旅行のデメリット

料金が高い 個人で予約するより料金が高いことがあります。
自由時間が減る 送迎の為の集合時間に使う時間が長い

ツアーは航空券、ホテルがセットになっています。

バラバラで予約した方が安くなることもあります。

滞在中のサポート代金と思えば高くない…?かもしれません。

ツアーの最大のデメリットは団体で動くので、時間が減る!!事です。

空港からホテルに向かうまでに免税店に寄ることもあります。

一室に集められて、滞在中の説明など1時間弱の時間を使います。

帰国日も飛行機の出発の何時間も前に集まって全員で移動します。

遅刻も許されないので自由が利かない…最大のデメリットかもしれません。

ハワイ個人旅行の手配一覧

毎回ハワイ旅行の時は、自分でしている手配の一覧です。

  • 航空券の取得
  • 宿泊先の予約
  • ESTAの申請
  • 空港から宿泊先までの交通手段
  • ハワイでのオプション
  • Wi-Fiの手配
  • 関空カードの申請
  • 飛行機のオプションの予約
  • 家から空港までの交通手段の手配
  • 旅行保険の加入
  • パスポートの有効期限の確認
  • ドルの両替

関空カードの申請やパスポートの有効期限の確認は、毎回する必要はありません。

 

航空券の取得

最近はハワイ就航の航空会社も増えて航空会社の選択がとても広がりました。

エアアジア、スクート(スクートは2019年5月で撤退です;へ;)LCCが参入してハワイがとても手ごろになりました。

少し時間がかかりますが、安く行くなら韓国の仁川経由で行く方法もあります。

我が家は貯めたマイルを使ってJALの特約航空券でハワイに行きます。

ハワイへの第一歩は航空券の取得です。

旅行の予定を立てたら航空券は早めに取りましょう。

先に航空券を予約して、それに合わせてスケジュールを調整する方法もありです。

宿泊先の予約

有名ホテル、コンドミニアムと選択肢は様々です。

アウラニにもディズニーリゾートが出来て宿泊の幅も広がりました。

旅行人数や旅行パターンによって、適した宿泊先を選びましょう。

子連れ旅行ならキッチン付きのコンドミニアムが便利です。

毎食ハワイグルメを楽しむ女子旅ならホテルで十分かもしれません。

ハワイに定期的に行くならタイムシェアもオススメです。

ESTAの申請

ESTAはアメリカに渡航する為に必要な渡航認証の許可制度の事です。

ESTAとは…

2009年より、アメリカへビザ免除で入国する渡航者はESTA(電子渡航認証システム)の取得が義務付けられました。
2018年までは即時審査でしたが、現在は渡航の72時間前までにESTAの申請を行うように通達されています。
ビザを持たずにアメリカへ渡航する場合は必ずESTAの取得が必要です。

ESTAはアメリカ合衆国のホームページから取得できます。

正規のホームページから申請すれば一人14ドルの手数料です。

公式のESTA申請のホームページに似せた偽のホームページも存在します。

公式のホームページだと思って手続きを進めていくと、代行業者のホームページで手続きをしてしまい、思わぬ高額請求が来ることもあります。

注意点

申請の際はアメリカ合衆国の公式のホームページかよく確認してください。

空港から宿泊先への移動方法の手配

旅行ツアーだと空港からホテルまで送迎があります。

個人旅行は空港から自力でホテルまで行く必要があります。

タクシー、レンタカー、シャトルバスと選択肢は色々とあります。(もうすぐ電車という選択肢も増える予定です。)

タクシーは予約は要りませんが、レンタカー、シャトルバスは事前に予約をしておくと便利です。

料金の目安(空港からワイキキまで)

タクシー:$40~$50

シャトルバス:1人 $15 前後

大人2人の旅行ならシャトルバス、ファミリーならタクシーと同行者の人数で選ぶと交通費が安く済みます♪

運転できるなら、レンタカーという選択もあります。

オプションの手配

ゴルフや現地でのアクティビティが決まっているなら事前予約がオススメです。

予約を入れておくと希望日・希望時間でアクティビティが楽しめます。

レンタカーも事前予約なら現地での手続きがスムーズです。

事前予約がオススメなアクティビティ

  • ゴルフ
  • レンタカー

他のアクティビティも、ハワイ現地でフリーペーパーを見ながら予約することも出来きます。

やってみたいアクティビティを事前に絞り込んでおくと、滞在中のスケジュールも立てやすいです(´▽`)

Wi-Fiの手配

海外でスマホを使うならWi-Fiはとても便利です。

我が家はレンタカー移動時はスマホをナビ代わりにしています。

子どもがグズった際にYouTubeを見せる際にもWi-Fiは活躍してくれます。

空港で当日レンタルするよりも、事前予約のほうが割安になることがあります。

Wi-Fiは事前準備しておきましょう。

前回のハワイでのWi-Fiは「価格.com」から予約しました。

価格.com ホームページ

1週間のレンタルプランが他のサイトだと8000円超えで「価格.com」からだと4410円になりました。

他にも安いサイトはあるかもしれませんが、参考までに…

関空カードの手配

関西国際空港には「KIXカード」という物が存在します。

入会金・年会費無料のポイントカードです。

飛行機に乗るときにKIXカードを機械に通すとポイントが貯まります。

  • 貯まったポイントはをマイルに変えれる。
  • 空港の駐車料金が25%安くなる。
  • 空港のファミリーマートで5%OFF

他にも特典が満載の魅力的なカードです。

KIXカードは事前に予約しておくと空港での受け取りがすぐに済みます。

KIXカード【公式】ホームページ



各航空会社のオプションの手配

航空会社によりオプションの手配が必要になります。

JALの場合


航空券をJALで予約した場合、JALOALOカードを無料で申し込めます。

JALOALOカードは

  • ショッピング、レストランの割引
  • JALパック専用のトロリー(アラモアナ~ワイキキライン)が乗車無料

他にも特典があります。

申し込みはJALの航空券購入後にジャロアロカードのホームページから申し込みます。

JAL JALOALOホームページ

JALの航空券を買ったら自動で送られてくるものでは無いので事前に申し込みましょう。



LCCの場合

LCCでハワイに行なら旅行のプランに合わせて事前にオプションを付ける必要があります。

  • 機内食の予約
  • 預け荷物の予約
  • 機内で使うブランケットやタブレットの予約

他にもLCCの搭乗前には様々なオプションの予約が必要です。

注意点

  • 荷物は事前予約の方が割安です。当日受付はサイズの規定が厳しいです。
  • 機内食を事前予約しないと、LCCによって食べ物の持ち込みが禁止の場合もあります。

深夜のフライトなら不要なオプションもあるので旅行のプランに合わせて事前予約をしましょう。

家から空港への移動手段の手配

関西在住の我が家は空港までの移動手段はいくつかあります。

  • 空港バス
  • 相乗りタクシー(MKスカイゲートシャトル)
  • 高速船(神戸空港~関空ベイ・シャトル)
  • 電車

移動手段は色々とあります。

注意点

  • 当日の空港バスは満席で乗れなかった…
  • 高速船は海が荒れて欠航だった…
  • マイカーは空港の駐車場が満車だった…

などなど…

当日に移動手段を決めると飛行機の時間に間に合わずハワイ旅行が危うくなります。

事前に行く手段を決めて予約をしておくと安心です。

高速船は欠航の際には連絡が来ます。

関西国際空港の駐車場も事前予約はできます(大型連休の予約は激戦なのでご注意ください)。



免税品の事前予約

購入が決まっている免税品があれば先に事前予約ができます。

欠品や探す手間が省けて便利です。

事前予約で特典があるときもあります。

前回、免税店を利用した時は海外の渡航者でレジは長蛇の列でした。

注意点時間に注意しないと事前予約なしのレジは長蛇になることがあります。

予約をしておくと予約専用のレジで会計が出来ます。

事前予約をしたのでレジでは並ばずに済みました(´▽`)

免税品の購入は事前予約がオススメです。

旅行保険の申し込み

もしもの時に備えてのお守りです。

現地で体調が悪くなり医療機関にかかったらとても高い請求がやってきます。

我が家も毎回加入しますが一度も使ったことはありません。

必要?と思いながら”何かあってからでは遅い”と思い加入しています。

クレジットカードの付帯保険を利用する方法もあります。

付帯保険を利用するなら、家族特約が付いているか、保証費用はどのくらいか確認しておきましょう。



パスポートの有効期限の確認

海外旅行にパスポートは必須ですが、パスポートの有効期限は事前に確認しましょう。

たしか、大丈夫…では危険です。

1年前に切れていた…では出国できません。

パスポートの取得には早くても通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

事前に有効期限を確認しておきましょう。



ドルの両替

少額でもいいのでハワイに着くまでにドルは持ちましょう。

ハワイについて両替をする前にチップが必要になることもあります。

まとめ

個人のハワイ旅行の手配と注意点でした。

ESTAは数年前より認証するための入力する項目が増えていたりと少し手間な手配もあります。

旅行の手配を面倒と思うかもしれませんが、手配をしてる時は頭の中がハワイにトリップできるので楽しい時間でもあります(´▽`)

ハワイ旅行が楽しいものとなるように準備は万端に(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す