Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » パンピーのハワイ旅行 » ハワイでレンタルサイクル”BIKI”の乗り方と30分の移動範囲をレビュー|ハワイ旅ブログ

ハワイでレンタルサイクル”BIKI”の乗り方と30分の移動範囲をレビュー|ハワイ旅ブログ

calendar

reload

ハワイでレンタルサイクル”BIKI”の乗り方と30分の移動範囲をレビュー|ハワイ旅ブログ

今回のハワイ旅行で目についたものはレンタルサイクル”BIKI”!!

前回の旅行の時にはありませんでした。

試しにBIKIに乗ってみました。

スポンサーリンク

レンタルサイクルBIKIレビュー

ワイキキのいたる所にBIKIスタンドがあり、ワイキキの端から端まで”すいーっ”と行けちゃいます。

利用料金は?

自転車で30分はどこまで行ける?

レンタル方法は簡単?

細かく紹介していきます(^O^)/

利用料金

BIKIの利用料金は30分$3.50です。

気軽に借りれる料金設定が嬉しですね。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
BIKIのスタンドには利用料金と借り方が英語で表示されています。

  1. 30分/$3.50のシングルライド。各クレジットカードごと、バイクを最大4つまでの取り出しが可能です。30分以上利用された場合は$3.50の延長料金が発生し、その後30分毎に$3.50が加算されていきます。
  2. 300分(5時間)$20のフリースピリットパス。当パスは購入一回につきバイク1つの利用が可能です。ハワイに数日滞在を予定されている方で、滞在中にBikiを数回程度利用したい方へおすすめのプランです。
  3. 月払いプラン。ホノルルのタウンに長期滞在予定の方へはBikiメンバープランへの登録をおススメします。

BIKI HPより

BIKIのホームページには日本語で詳細があります。

乗車時間 期間 価格
30分 1回 $3.50
300 累計300分 $20
1回 30分 1ヶ月 $15
1回 60分 1ヶ月 $25

利用料金を表にまとめてみました。

利用プランは色々あるので移動時間、移動回数に合わせると行動範囲が広がります(´▽`)

ハワイに滞在中、5回以上利用するなら300分のプランやマンスリ―プランの方が安くなります。

支払いはクレジットカードのみなのでご注意ください。



BIKIの利用方法

BIKIの利用方法はBIKIスタンドにある端末で行います。

利用IDの取得

利用IDとは自転車をスタンドから取り出す時に必要なロックの解除番号です。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
利用IDの取得は画面に従って入力するだけです。

日本語表示が出来るので入力に困ることはありません。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
支払いが終了すると、利用ID番号が出てきます。

自転車をスタンドから取り出すIDの入力ボタンは1・2・3しかないのでIDも1・2・3の番号の羅列のみです。

利用IDが表示されると、右下にある

印刷 or 覚えておきます!

のどちらかをタッチします。

利用ID番号を写メに取る方法もあります。

記憶力に自信のある人は”覚えておきます!”をタッチです。

私は印刷にしました。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
利用IDの書いた紙が出てきます。

画像:BIKI HPより

利用IDを取得したら、5分以内に入力しましょう。

 

利用IDを入力

ハワイ レンタルサイクル BIKI
借りたい自転車を選んでIDナンバーを矢印に部分に入力すると、ランプが赤→黄色→青が光ります。

青いランプが付いたら自転車を引き抜きます。

サドルの高さを合わせたら乗車開始(‘ω’)ノ

ハワイ レンタルサイクル BIKI
自転車に乗った目線です。

自分の好みに合わせてギアも変えることができます。

 

ハワイでの自転車の乗り方

ハワイで自転車に乗るには交通ルールを守る必要があります。

ハワイ レンタルサイクル BIKI

  • 歩道は走れません。広くても歩道は走らないようにしましょう。※警察の方に見られたら注意されるかも
  • 走るのは車道の右側です。※日本とは逆なので注意しましょう。
  • 自転車レーンがあれば自転車レーンを走りましょう。

Point大きな交差点の渡り方が不安な時は自転車を押しながら歩道を歩いたほうが無難です。

 

BIKIの乗り心地

BIKIの自転車はとても乗り心地がいいです(^ ^♪

以前にどこかのバイクレンタル屋で自転車を借りましたがボロボロで乗れたものではありませんでした。

それに比べBIKIは快適~♪

ワイキキの端から端まですぐに行けます。

レンタルサイクル BIKI
路駐のトラックに走行をふさがれ車道の真ん中を走る事にもなりドキドキしますが、乗り心地は満足です。

ギアは3段階付いていて自分に合わせたギアで走行できます。

ワイキキ周辺は坂も無いので自転車でも楽でした(´▽`)


30分で行ける範囲

私は30分のプランで借りました。


緑の★(ヒルトンハワイアンビレッジ)から出発して赤の★(ワイキキの端)に返却しました。

信号で止まったり、普通に行って30分ジャストでした。

ヒルトンハワイアンビレッジからスタート→
ハワイ レンタルサイクル BIKI

カラカウワ通り→
ハワイ レンタルサイクル BIKI

カパフル通り→
ハワイ レンタルサイクル BIKI

アラワイ運河沿い→
ハワイ レンタルサイクル BIKI
ワイキキランドマークで返却しました。

ジャスト30分でした。

ヒルトンハワイアンビレッジからレナーズに行くなら300分かマンスリープランが良さそうです。

 

返却方法

自転車をスタンドに収納します。

利用IDの入力ボタンの上にある緑のランプが付けば返却終了です。

 

Point必ず緑のランプが点灯したかを確認しましょう!

緑のランプが点灯しないときは、もう一度スタンドに入れなおしましょう。

ランプが付かないと未納になり$1200の請求が来るとか…恐ろしい。

返却の時は、満車になっているスタンドには返却が出来ません。

返却時間が来る前に空車のあるスタンドで返却することをオススメします。

BIKI専用アプリがありスタンドの空き状況は随時確認できます。

 

BIKIのメンテナンス

自転車のメンテナンスが気になりました。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
BIKIのベストを着たスタッフがタイヤの空気を入れていました。

定期的にメンテナンスはされているようで安心です(´▽`)



まとめ

朝のワイキキ周辺はスタンドはガラガラでした。

ハワイ レンタルサイクル BIKI
昼のワイキキ周辺はスタンドが満車になっている事が多く利用している人は多いみたいです。

誰かとサイクリングではなく、一人で乗っている外国の方をよく見かけました。

交通手段として利用している人の方が多い気がします。

ワイキキを歩き回っていると足がパンパンになって疲れます。

BIKIは目的地周辺まで行き、また借りて乗れるので移動手段には便利です(´▽`)

鍵が付いていないのでその都度スタンドに戻さなければいけませんが、スタンドはあちこちにあるので調べておけば問題はなさそうです。

今回はお試しで乗ってみました。

カゴは付いていません。

荷物をおいてゴムバンドで止めるカゴ代わりの様な物は付いています。

買い物で使うならリュックかウエストポーチが便利かも。

次回の旅行の際はマンスリーの60分でたくさん乗ります(‘◇’)ゞ

ハワイ|レナーズでマラサダと他のオーダーを英語が苦手な私流の仕方

ハワイ | 子供もOKな美味しいベトナム料理店

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す