Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » ハワイ旅行 » ダイアモンドヘッドに子どもの『持ち物』『服装』『所要時間』は?何歳から登れる?|子連れハワイ旅ブログ

ダイアモンドヘッドに子どもの『持ち物』『服装』『所要時間』は?何歳から登れる?|子連れハワイ旅ブログ

calendar

reload

ダイアモンドヘッドに子どもの『持ち物』『服装』『所要時間』は?何歳から登れる?|子連れハワイ旅ブログ

3才と6才を連れてダイアモンドに登りました。

子どもとダイアモンドへ登るための服装と持ち物を紹介します。

スポンサーリンク

子どもとダイアモンドヘッドの持ち物

ハワイ旅行に行った時に子どもとダイアモンドヘッドに登りました。

大人だけで登るのと時間、持ち物が少し違いました。

ダイアモンドヘッドに子どもと登った時の持ち物・服装・時間をレビューします。

ダイアモンドヘッドの持ち物

ダイアモンドヘッドに登るのに必要だった持ち物を紹介します。

リュック

ダイアモンドヘッドの道は凸凹の道があったり階段があったりとなかなかハードです。

ダイアモンドヘッド 子ども

足元を見ていないと岩に足を取られて転んでしまいます。

子どもの手を引くこともあるので両手が空くリュックがオススメです。

 

飲み物

ダイアモンドヘッドに登るには飲み物を持参しましょう。

入り口付近には自販機、ショップなどがあり飲み物を購入できます。

子ども ダイアモンドヘッド

トイレの前には水を給水する場所もあります。

我が家は空のボトルを持参して水を補給して登りました。

山に登り始めると給水ポイントや飲み物が買える場所は全くありません。

登り始める前に飲み物を準備しましょう。

我が家は1人500㎖ずつ用意して足りました(´▽`)

 

現金・カード

ダイアモンドヘッド 子ども

ダイアモンドヘッドには入場料が必要です。

料金は1人$1です。

支払いは現金のみです。

3才児は無料の様で我が家は3ドル払いました。

子ども ダイアモンドヘッド

駐車場の入り口に料金所があります。

少額なので現金で支払うとスムーズです(´▽`)

ダイアモンドヘッドの入り口を入るとフードトラックもあります。

帰りに軽食を取ることも出来ます。

 

タオル

ハワイの日差しはなかなか強く汗をたくさんかきます。

5才の息子は汗だくでした。

汗拭きタオルは人数分必要でした。

 

バンドエイド

子どもが転んでケガしたときのお守りです。

今回、我が家は出番がありませんでした。

 

お菓子

子どもが疲れたときに元気を補給するのに便利です。

グミ、ラムネ、スナックなど少しでいいので持って行くと子どもが元気になります。

登る途中にもベンチで休憩できる場所が4ヶ所ほどあります。

我が家は休憩ポイントの旅にハイチュウ1個ずつで元気を復活させていました。



子どもの服装

ダイアモンドヘッド 子ども

子どもには荷物を持たさず手ぶらで歩かせました。

子どもの服装帽子
Tシャツ
短パン
靴下
スポーツサンダル

靴は運動靴かスポーツサンダルなら子供は安全に登れます。

ビーチサンダルは岩場ではビーチサンダルと足が滑り、歩きにくそうなので避けた方が無難です。

親の服装Tシャツ
短パン
レギンス
靴下
スニーカー

タンクトップで登ろうとしましたが肩の日焼けが怖いのでTシャツにしました。

短パンの下にレギンスを履きましたが、暑かったので要らないです。

大人はビーチサンダルの人も多いですが、子どもの手を引く事を考えるとスニーカーの方が安全です。

帽子は持参しませんでしたが、登り始めてすぐに後悔しました。

次回は私も帽子を持参します



登る時間は何時がベスト?

子ども ダイアモンドヘッド

9時すぎにダイアモンドヘッドに到着しましたが混雑していました。

登る人も多ければ降りてくる人もたくさんいました。

自分のペースで歩くのはなかなか難しい状況でした。

10時頃のダイアモンドは後から大人のグループが来たら道を譲ったりと止まったり進んだりの繰り返しでした。

10時頃の日差しも暑く「もう少し早い時間が涼しくて空いていたかも…」が実際の感想です。

 

実際にかかった時間は?

子連れでダイアモンドヘッドに登った時に実際にかかった時間です。

9:00

ダイアモンドヘッド駐車場が満車でした。

通りにある公園の駐車場に戻ります。

9:20

ダイアモンドヘッド 子ども

公園の駐車場からダイアモンドヘッドの入り口まで出発。

すでに3才児は歩いていませんでした。

日差しの強さを一番強く感じ帽子の必要性を感じました。

9:40

子ども ダイアモンドヘッド

ダイアモンドヘッド入り口に到着

9:45

ダイアモンドヘッド 子ども

トイレ、飲み物の補充を済ませ、登頂開始。

休憩を挟みながら登頂しました。

10:20

頂上到着。

記念撮影を済ませて10分ほどの滞在で下山しました。

10:30

ダイアモンドヘッド 子ども

下山開始。

我が家は長い階段の方から降りました。

子どもが階段から転がり落ちないように親の後を歩かせます。

11:00

ダイアモンドヘッド入り口到着。

登りと違い帰りは早かったです。

ダイアモンドヘッド 子ども

シェイブアイスを食べながら休憩。

11:30

ダイアモンド入り口から公園の駐車場まで移動。

電池の切れた6才児はパパさん、私は3才児をおぶって駐車場まで降りました。

12:00

駐車場到着。

9時頃にダイアモンドに到着してから帰るのに3時間ほどかかるアクティビティでした(´▽`)



まとめ

子どもと無事にダイアモンドヘッドに登ることが出来ました。

ダイアモンドに登る前は「がんばって登る!!」と張り切っていた3才児の娘は、ほぼパパさんが抱っこして登っていました。

ダイアモンドヘッド 子ども

6才児は足場が悪くても苦にならなかったようです。

頂上まで行くと自信が付いたのか下山は休憩なしで降りれました。

2才くらいの子供をリュックの様なショルダーでおぶっている人を見ました。

created by Rinker
OSPREY(オスプレー)
¥56,339 (2020/03/30 06:14:06時点 Amazon調べ-詳細)

小さい子供なら抱っこするよりはおぶった方が安全です。

自力で登頂を目指すなら個人差はありますが4才くらいからかなぁ…という感想です。

持ち物は大人だけだと水だけ持って登っている人が多く見られました。

子連れだとタオル、おやつ、バンドエイドなど持ち物はもう少し増えます。

ダイアモンドヘッドはワイキキにあるのでアクセスもしやすく気軽に登山を楽しめるのでおススメスポットでした。

子どもと一緒に野鳥のカーディナルを探すのも面白いですね(´▽`)

次回は子どもと別のトレッキングコースに挑戦したいと思います。

 

 

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す