Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 韓国旅行 » 【エアソウル搭乗記】機内レビューと荷物の重さと個数のチェックの実際の厳しさは?|韓国ブログ旅

【エアソウル搭乗記】機内レビューと荷物の重さと個数のチェックの実際の厳しさは?|韓国ブログ旅

calendar

reload

【エアソウル搭乗記】機内レビューと荷物の重さと個数のチェックの実際の厳しさは?|韓国ブログ旅

エアソウルに搭乗しました。

帰国日の前日に荷物のパッキングを済ますも、重さ・大きさ共に微妙~(~_~;)

チェックインに一か八かで行ってみました。

スポンサーリンク

エアソウル搭乗記荷物の大きさ実際レビュー

韓国旅行ソウルへは、関空⇔仁川空港までエアソウルに搭乗しました。

LCCでは新しい部類に入るわソウルの搭乗レビューを紹介します。

エアソウルの機内と座席

エアソウル 搭乗記 レビュー 座席

エアソウルの座席は3列ー3列の並びです。

座席はエリアによって価格が違います。

220座席の料金ミントカラーの座席 1500円
4列目~10列 500円
12列BCDE、14列~39列 300円

エアソウルは他のLCCより座席予約が安い価格で設定されています。

前は500円、後ろは300円と分かりやすく覚えやすい設定です(´▽`)

エアソウルはグレーとホワイトを基調とした落ち着いた雰囲気です。

普通の座席がミントグリーンのヘッドカバーです。

ホワイトカラーのヘッドカバーがミントゾーンと呼ばれる非常席です。

◆関連記事はこちら

エアソウル 搭乗記 レビュー

ひじ掛けは細くて座席は広く感じます。

シートも窓付近もシンプルでスッキリした印象です(´▽`)

エアソウル 搭乗記 レビュー 座席

シートピッチは157㎝の私が座って、膝の前に手のひらが入るほどです。

座席がシンプルなのでシートは広く感じます。

エアソウル 搭乗記 レビュー 座席

エアソウルのシートポケットは薄い冊子が入るだけのポケットになります。

シートポケットの見た目はとてもシンプルで清潔感もあります。

シンプルでオシャレだけど、空港で購入した飲み物のペットボトルが入れれない…

エアソウル 搭乗記 レビュー

エアソウルで飲むドリンクは機内で買う方が便利…?

なのかもしれません。



関空⇔ソウル 時刻表

関空⇔ソウルのフライト時間です。

エアソウル 時刻表【関空→仁川】9:52 →→  12:01
16:00 →→ 17:55

往路の1便は買い物にちょうどいい時間です。

朝も早すぎないのがいいですね(´▽`)

エアソウル 時刻表【仁川→関空】7:15 → 9:05
13:10 → 15:00

飛行機のフライト時間は2020年02月のものです。

エアソウルの復路はちょっと、早いかな…

初めて乗った時は13:10のフライトでした(´▽`)

エアソウルのチケットの違い

エアソウルは航空券の予約時のチケットによってサービスが変わります。

エアソウルのチケット区分は、特別運賃・割引運賃・通常運賃の3種類です。

特別運賃 割引運賃 通常運賃
予約変更手数料 予約変更不可 5,000円 3,000円
払戻違約金 6,000円 6,000円 3,000円
無料受託荷物許容量 無料受託荷物無し 15㎏以内/1個のみ 15㎏以内/1個のみ

特別運賃は預け荷物のサービスが、付いていません。

受託手荷物があるなら、特別運賃+受託手荷物 VS 割引運賃 どちらが得か計算しておくと、後で後悔しません(´▽`)

特別運賃の違約金は航空券代より高いかもしれません…



エアソウルの荷物

エアソウルに持ち込める荷物を紹介します。

私に荷物は少し大きめ…機内に持ち込めるのか…レビューです。

エアソウル手荷物

エアソウル 搭乗記 荷物 レビュー

エアソウルに持ち込める手荷物を絵にしてみました。

プラスで持ち込めるもの ・小型のアタッシュケース、ハンドバッグ、ノート型パソコン、書籍類、サイズの小さい免税品
・飛行中ご使用になる幼児用飲食物
・体の不自由なお客様の杖や松葉杖
・盲導犬
・I字型に折りたためる小型のベビーカー(ただし、機内に保管するスペースがある場合に限る。スペースがない場合は受託手荷物として処理)

大きな荷物とプラス1個持ち込めます。

重さは総重量で10㎏以内に抑える必要があります。

ベビーカーは折りたたんだ形がI字型になるタイプが対象です。



預け荷物

エアソウルの預け荷物はチケット区分によって変わります。

エアソウルの預け荷物サービスの追加代金は3,000円です。

空港の窓口での申し込みは4,500円になるので事前に申し込みましょう。

エアソウル預け荷物3辺合計:203㎝以内
重さ:15㎏ ※米州便は23㎏

受託荷物は15㎏なので買い物する内容によってはオーバーします。

フェイスパック、キムチ、コスメなどは計算して買う事をおススメします…

私の荷物たち

エアソウルで仁川から関空に帰国する際の私の荷物です。

  • 15㎏少し超えてるかも…な、スーツケース1個
  • 東大門で買ったサイズちょっと大きすぎるかも…な、お土産袋1個
  • ハンドバック1個

以上3個です。

ソウルのスーパーであれやこれやを、買い過ぎました。

郵送も考えましたが、郵送代より超過で受託手荷物を申し込んだの方安いかも…

一か八かでチェックインです…



エアソウルカウンター

まずはスーツケースの計量…

超えてますヤーン(+o+)

私のスーツケースは15.3㎏でした。

けれどもカウンターの係りの人はスルーして預かってくれました。

次に手荷物、

「サイズOK?」と私が聞くと、「チョット、オオキイカナ…」と言われましたが特に何もなくスルー。

飛行機の搭乗の際にも何も言われませんでした。

peachは機内手荷物の計量もありますが、エアソウルはサイズチェック、計量チェックはありませんでした。

まとめ

この日のエアソウルは機材調整遅れで出発が2時間近く遅れていました。

カウンター係員も添乗員さんも私の荷物1個の重さや大きさなんか、機材の2時間遅れに比べれば微々たるものだったのか全くスルーされました(=_=)。

一緒にいた友人もエコバック2個とかばん1個でも何も言われませんでした。

とりあえず超過を払わずに済みホッとしました。

荷物のサイズを図るために、次回はメジャーも持って行こう!!

次回は計画的に買い物をして荷物の重さに気を付けます(‘◇’)ゞ

 

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す