Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 韓国旅行 » 広蔵市場で朝食はかぼちゃ粥|韓国ブログ旅

広蔵市場で朝食はかぼちゃ粥|韓国ブログ旅

calendar

reload

広蔵市場で朝食はかぼちゃ粥|韓国ブログ旅

宿泊した鍾路のホテルから広蔵市場は歩いて行ける距離でした。

9時にはチェックアウトをしたいので朝の7時半頃に朝食を求め広蔵市場に行きました。

開いてないかも…と行きましたが朝食には美味しい物がたくさんありました。

スポンサーリンク

広蔵市場かぼちゃ粥

朝の広蔵市場

広蔵市場

広蔵市場に到着しました。

昼間と違い人通りも少なく商店も開いていません。

市場の奥の方が明るくなっていました。

広蔵市場

人通りも少しはある様でした。

広蔵市場

グルメ区間と言われる付近はおばちゃんたちが店の準備にテキパキと働いていました。

広蔵市場

朝の7時半過ぎでしたが、スンデ、キンパ、チャプチェなどおかずの準備もほぼ完了していました。



かぼちゃ粥の場所と価格

広蔵市場 地図

かぼちゃ粥のあった場所は緑の★マークの部分です。

広蔵市場

大きな鍋に鮮やかな黄色のおかゆがクツクツと美味しそうでした。

広蔵市場 かぼちゃ粥

おばちゃんに「イリンブン チュセヨ」とお願いしました。

一人前₩5,000でした。

味はほんのりかぼちゃの甘みがある優しいお粥でした。

薄めの味だったのでパクパクと食べれます。

店の中にはテレビ取材の写真がたくさん貼られていました。

なかなかの有名店なのかな…?

朝の空きっ腹にかぼちゃ粥はちょうどいい感じでした。

 

その他の朝食たち

広蔵市場

他の店でも食べました。

広蔵市場

  • キンパ ₩2,000
  • トッポギ ₩3,000
  • チャプチェ ₩5,000
  • おでんのスープ(おまけ)

3人でシェアして食べました。

キンパのお味

キンパはタレを付けて食べるタイプでした。

お皿に盛りつけた時にキンパにごま油を回しかけていました。

ごま油の風味がよく聞いていました。

南大門の屋台で買うキンパより気持ち大きく感じました。

キンパ自体の味はタレに付ける為か少し薄めです。

トッポギのお味

トッポギは辛さがマイルドでした。

明洞で食べたトッポギはとても辛くて食べれませんでしたが、広蔵市場の物は辛さが気になりませんでした。

広蔵市場のトッポギは大きくてタレの絡み具合もちょうどよくて美味しかったです。

おばちゃんがよく煮込んだトッポギでした。

チャプチェのお味

初めて本場のチャプチェを食べました。

チャプチェに味が良く染み込んでいました。

味がしっかり付いていたので食べやすかったです。



ぼったくり?

広蔵市場

広蔵市場ではよく”ぼったくり”という記事を見ます。

私も注意して韓国語で値段を聞いてから席に着きました。

正直、安くはないと感じました。

キンパ、トッポギなどは南大門で食べるのと価格とほぼ同じです。

もしかしたら、現地の人なら別の価格を提示される事もあるかもしれませんがそこは不明。

メニューに価格が表示されている商品もあるので”ぼったくり”はなかったと思います。

 

まとめ

かぼちゃ粥はとても優しい味で寒い韓国の朝に体が温まりました。

朝の7時半からおばちゃんたちは化粧をきちんとして忙しく働いていました。

朝食を屋台の席で手軽に済ませれました。

おかげで8時半にはホテルに戻れたのがありがたかったです。

屋台は10件ほど開いていました。

どこも味などは微妙に違うかもしれません。

一番おいしい店はどこか、探求は続くと思います(‘◇’)ゞ

 

韓国|絶対オススメ!鍾路でサムギョプサルは青春街で見つけた店

韓国 | ユッケを食べるならこの店!ソウルの人も通う店

韓国 | 広蔵市場の案内地図とプチョンユッケの休憩時間

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す