Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 韓国旅行はおもしろい » ソウルでタクシーの乗り口と料金のレビューと珍道中|韓国ブログ旅

ソウルでタクシーの乗り口と料金のレビューと珍道中|韓国ブログ旅

calendar

reload

ソウルでタクシーの乗り口と料金のレビューと珍道中|韓国ブログ旅

韓国旅行でタクシーを利用しました。

韓国のタクシーに実際に乗ったレビューです。

スポンサーリンク

韓国のタクシーレビュー

初めて韓国でタクシーに乗りました。

無事に乗れるか少し不安…初めて韓国のタクシーに乗ったレビューです

ホテルまでタクシー

旅行中は鍾路にあるホテルべニューGというホテルに宿泊をしました。

写真の赤の所が最寄りのホテルです。

ソウル駅からホテルまでタクシー

ロッテマートでたくさん買い物をしてソウル駅からタクシーに乗りました。

乗ったものの…ホテルまでの住所分からん!!(◎_◎;)

友人がホテル前のバス停の写真を撮っていたのでそれを見せました。

タクシーのお父さんは、何やらブツブツ言いながら出発。

お父さんはずっと「◎$♪×…◇●?…ビーン」

「◎$♪×…&?♯…ビーン、ビーン」

私たちは何か怒ってる?タクシーのお父さん怒ってる?( ;∀;)

不安になっていると、

お父さんは「◎▽♪$…ビーン、ビーン、プチドライブ(笑)」

と笑い出しました。

どうやら、

「駅の東口から乗らず西口から乗ればホテルに近かったのに」と言っているようで、

「ビーンビーンとぐるっと回るから、プチドライブだよ。ハッハッハッ!」

と韓国語で言っているようで、笑い出しました。

怒っているんじゃないのね…

私たちの乗車位置は緑

お父さん推奨の乗車位置は赤の様でした。

ソウル駅のタクシー乗り場が西側にもあるなんて知らんかったし…(=_=)

ソウル駅からホテルまでのルートはソウル駅を一周するように行きました。

親切お父さんは「次回からこっちで乗るんだよ」と言っているようでした。

ホテルに近くなると詳細を聞いてきますが、お父さんは地図を見てくれません(~_~;)

「アンポヨヨ、アンポヨヨ」

お父さん…なんで地図を見てくれないの( ;∀;)

ホテルの前の清渓川の道沿いに入ったので、ホテル近くまでビーンと行ってもらい近くで降りました。

ホテルの前は西行の一方通行。

降りたのは東行の一方通行でした。

 

の所で下車しました。

ホテル前の清渓川には人だけが通れる橋が架かっていました。

川の反対側に降りてもホテルにはすぐにたどり着けました。

 

乗ったタクシーのお父さんは最短ルートが好きなようでした。

川の反対側だったので「ぐるっと回ってホテルの前で降りたい」なんて言うと、「プチドライブになるから橋を渡れ」と言われそうだったのであきらめました。

お金は₩6100でした。

₩7000を出して「おつりはいいです。」と言ったら、お父さんは₩6000しか受け取りませんでした。

₩100まけてくれました。

せっかちな優しいお父さんでした。



ソウル駅から再びホテルへ

昨日の経験から今回はソウル駅の西口から乗車しました。

ソウル駅の西口にタクシー乗り場がありました。

タクシーの客待ちもいないし、待っているお客さんもおらずひっそりとしています。

タクシー乗り場で待っていると…

西口乗り場はタクシー全然来ません!!( ;∀;)

私たちの後ろに地元の家族が並びました。

しばらくするとタクシー乗り場の50m後ろの方でタクシーに乗っている人がいました。

それも何組も…

タクシー乗り場に来る前に次々とタクシーがお客さんを乗せていました。

後ろに並んでいた家族は、タクシー乗り場から離れた進行方向とは逆方向にタクシーを捕まえに行きました。

それでも私たちはタクシー乗り場で待ち続け、手を挙げてタクシーをGetしました。

西口のタクシー乗り場には15分くらい居たと思います。

なんでタクシー乗り場で手を上げないかんの…?(~_~)今思えば不思議です。

今回は西口から乗車したので「ビーン」と言われませんでした。

順調にホテルの方へ向かいました。

この日は土曜日でした。

清渓川の一方通行に向かうと…

川の赤のラインが通行止め。なんで?…( ;∀;)

運転手さんも「通行止めだよ…」という雰囲気でした。

タクシーの運転手さんは黄色いラインを通って緑の付近で困った感じになったので降りました。

料金は₩5400だったと思います。

 

ホテルからソウル駅へ

友人がホテルのフロントでタクシーをお願いしてくれました。

フロントで「3556番のタクシーがあなたたちのタクシーです。」と言われました。

韓国のタクシー手配は車のナンバープレートナンバーがわかるので便利です。

ホテル前でからスーツケースを乗せて、いざソウル駅へ(^^♪

「ソウルヨク カゴシポヨ」で難なくオーダー終了。

タクシーのおじさんは素早くソウル駅に向かいました。

ソウル駅では黄色で降ろされました。

おじさんは「横断歩道を渡ればA’REX乗り場だから。ここでいいね?降りたらすぐそこだから!!ここでいいね?」と素早く降ろされました。

考える間もなく降りました…

確かに以前は緑で降りましたが、ソウル駅内をスーツケースをゴロゴロ歩かなければなりません。

黄色で降りるとA’REXに近く便利でした。

歩道から駅まで車いすやスーツケース用のスロープもあり難なく行けました。

おじさんグッジョブです(^^♪

料金は₩5000でした。



黒タクシーは不親切?

前回ミレニアムソウルヒルトンからソウル駅まで乗りました。

料金は₩5000でした。

今思えばヒルトンからソウル駅の距離で₩5000は高っ…

スーツケースを持っていましたが降り場もソウル駅の東口(A’REX乗り場の反対側)でした。

その時のタクシーは黒いタクシーでした。

今回は全部シルバーのタクシーでした。

タクシーの色は黒とシルバーでは本当に乗車価格が違いました。

黒いタクシーは模範タクシーなので安全ですが、シルバーのタクシーに比べると対応は冷たいイメージでした。

 

まとめ

今回は3回タクシーに乗りましたが発見の連続でした。

  • ホテルに帰るときはソウル駅西口から乗る
  • ソウル駅西口のタクシー乗り場はタクシーが来ないので捕まえに行く
  • 土曜日は清渓川は通行止めになっていることがある
  • 帰国日のソウル駅は西口に降りる
  • メジャーなホテル名以外はホテルを言っても伝わらない
  • 140秒ごとにメーターが上がる

色々と勉強になりました。

最後に乗ったタクシーにはTmoneyカードの機械がありました。

Tmoneyカードでも決算できるようでした。

細かい₩を用意しなくていいので便利です。

どの運転手さんもせっかちで最短ルートを行きたい傾向が見られました。

どの人も親切で優しい人ばかりでした。

 

次回はタクシーに乗ったときにスマートに行きたい場所が伝わるように自分の韓国語に磨きをかけたいです(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す