Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 旅のオススメ » 関西国際空港でパスポートの指紋認証登録の場所☆登録のメリットは?

関西国際空港でパスポートの指紋認証登録の場所☆登録のメリットは?

calendar

reload

関西国際空港でパスポートの指紋認証登録の場所☆登録のメリットは?

関西国際空港で指紋認証登録をしてきました。

場所と登録方法のレビューを紹介します。

スポンサーリンク

関西国際空港の指紋認証登録

関西国際空港でパスポートのに指紋認証の登録に行きました。

指紋認証登録とは

パスポートに自分の指紋を登録することができます。

指紋を登録しておくと税関を通るときに無人の自動ゲートの税関窓口を通ることができます。

登録のメリット

税関が混んでいる時に自動ゲートを通ることができます。

海外からの旅行者が増えて税関審査に長蛇の列…

指紋認証登録は税関審査の列を早く通るのに役立ちます。



指紋認証登録の場所と時間

指紋認証の登録場所と時間です。

画像:関西国際空港HPより

4階の国際線出国フロアに指紋認証の登録場所はあります。

海外へ出国する前に指紋認証登録所にちょこっと寄れて便利です。

画像:関西国際空港HPより

関西国際空港の指紋認証登録の受付時間は8時からです。

早朝の飛行機を利用する方はご注意ください。



指紋認証登録場所の行き方

場所は第1ターミナル4階出発フロアの行き方です。

Cカウンターを目指します。


Cカウンターを出国GATEに向かい歩きます。


Cカウンターを出国GATEに向かって進むと突き当りに静かで人けのない一角があります。

指紋認証登録所の向かいはスターバックスコーヒーです。

スタバはたくさんの人でにぎわっています。


自動化ゲート登録所がありました。

指紋認証登録の文字は「自動ゲート登録所」という文言に変わります。

ブラインドは降りていて、うす暗いです。

「開いているのか?」という静けさです。

入口→の方に進みました。


入口の看板には”自動化ゲート利用登録”の文字はありません。

その代わりに”CIQ PRルーム”という看板がありました。

CIQ PRルームでは入国出国の際に持ち込み禁止の商品が展示されていました。

中に入ると自動化ゲート登録カウンターがあります。


登録用紙に必要事項を記入してパスポートと提示します。

パスポート指紋認証登録用紙
受付には係員が2人座っていました。

係員の指示に従って両手の人差し指の指紋を取って終了です。

パスポート査証の最終ページに”日本国自動化ゲート利用希望者登録済”という印を押してくれます。

空いていれば10分もかかりません。



パスポート指紋認証登録の注意点

  • 指紋認証登録の対象者は機械操作ができる人ということで幼児は登録できません
  • 指紋認証登録をしても有人の税関窓口を利用できます。子連れの際は子どもと一緒に有人の税関窓口を利用することになります。
  • 手がカサカサ、手が汗だくなど手のひらのコンディションによって登録に時間がかかります。

 

まとめ

関西国際空港で指紋認証の登録を済ませました。

登録は簡単でした。

5分もかかりませんでした。

指紋認証登録所は第1ターミナル4階にあるのは便利です。

旅行で出国する前に移動することなくササッと登録が出来ます。(´▽`)

指紋認証をしておけば自動ゲートも通れるので大人だけの旅行の時には役立ちそうです(‘◇’)ゞ

 

おまけ

朝は混みます

私が利用した土曜日の14時~15時頃の登録所はガラガラでした。

後日、友人の同行で土曜日の朝の8時に指紋登録所に行くと長蛇の列が出来ていました。

15分ほど並んだようです。

朝に利用するなら時間に余裕をもって利用して下さい。

手のコンディションは重要です

手汗がすごい私の手は登録に時間がかかりました。

何度もタオルで手を拭きながら、5回くらいやり直しました。

友人は指はカサカサで指紋の取れなかったようで、薬指で登録をしたそうです。

人差し指などケガをしている場合は他の指での登録になります。

自動ゲートは便利

自動ゲートを登録して友人と大人だけで税関を通りました。

有人の税関窓口が空いていてガラガラでした。

空いている有人の窓口に案内されたので、自動ゲートを通ることが出来ませんでした( ;∀;)

別の日に初の自動化ゲートを通りました。

パスポートを機械の上に置いて指をかざすだけで通れました。

有人ゲートより早いです(´▽`)

 

 

参考リンクはこちら↓

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す