Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » » 猫が糖尿病になるとどんな症状?入院は何日?我が家の猫闘病記

猫が糖尿病になるとどんな症状?入院は何日?我が家の猫闘病記

calendar

reload

猫が糖尿病になるとどんな症状?入院は何日?我が家の猫闘病記

猫が糖尿病になりました。

我が家の闘病記です。

スポンサーリンク

猫の糖尿病の症状と闘病記

11才になる猫の元気が無い…

頭をゴロンと床にもたげて元気が無い…

普段は食べさせない、ウェットフードやおやつを用意しても全く食べない…

急いで病院に連れて行きました。

愛猫の糖尿病の症状

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

普段から寝てばかりいる11歳のオス猫の元気がありませんでした。

気付いたのは、夕方にフードを全く食べてない事でした。

普段はキャットタワーで寝ているのに、猫はずっと床で寝ていました。

頭を床に置いてぐったりと、明らかに元気がありませんでした。

我が家の猫に起きた症状です。



水ばかり飲む

2月くらい前から、水の減りを多く感じていました。

暑くなってきたし、猫も喉が渇くのかな…?と思っていましたが「水をたくさん飲む」は糖尿病の症状の1つのようです。

おしっこの量が増える

おしっこのシートを変える時に、シートがに付いているおしっこの量がとても多かったです。

シートに収まらず、ボタボタ滴るほどの量でした。

フードを食べない

フードを食べる量が徐々に減り始めて、残す日が多かったです。

入院の前日にはフードを全く食べなくなりました。

お気に入りのおやつも全く食べませんでした。

痩せていく

お尻付近をトントンとなでていて、お尻の肉が減ったのがわかりました。

糖尿病はフードからの栄養が摂取できず、生きる為に自身の肉や脂肪から栄養を取っていくので痩せます。

足腰がフラフラ

10才を超えたので、足腰が弱ったのか…?と思いましたが、糖尿病の症状の1つだそうです。

我が家の猫は、後ろ足がフラフラで歩くのもやっとの状態になっていました。

猫が緊急入院

猫を病院に連れて行きました。

診察台に上がると獣医さんは「糖尿病だな…」と、猫の症状と猫の口のニオイを嗅いだだけで分かりました。

血液検査をして結果を待ち、もう一度、診察室へ行きました。

「糖尿病です。ごはんも食べれないくらい弱っているので、点滴をしながら血糖値をとりあえず下げます。今日から入院してください。」

猫の入院が決定しました。

入院の手続きをしている時に、緊急時の同意書にサインをしました。

「何かあった時は先生の処置に任せる」のか、「電話をもらってから処置をする」の2択でした。

同意書のサインをした時に、事の重大さを重い知らされました…

猫の症状にもっと早く気づいていれば…

日ごろから肥満対策をもっとしていれば…

後悔しかありませんでした。



猫の入院

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

猫の入院が心配で毎日面会に行きました。

最初の2,3日はゲージから出てくるのがやっとの様でした。

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

それでも家族に会おうと、よろけながらゲージから出てきました。

面会で、猫の顔を見ると耳の色が変でした。

黄疸の症状の様で、猫は黄疸が出ると耳の内側がオレンジ色になります。

糖尿病の悪循環・糖尿病(血糖値が上がる)になる →
フードで取れていた栄養が吸収されない →
リンとカリウムが不足する →
カリウムが不足すると吐き気でフードが食べれない →
リンが不足して血液が溶血される(血尿が出る) →
血液に異常が出る(黄疸も発症)と肝臓が機能しない →

糖尿病になると、体の中で悪循環が始まりました。

点滴と投薬で、体の色々な数値が正常になる様にバランスを取っていきます。

我が家の猫は、血糖値を下げながら、投薬でリンとカリウムの不足を補いました。

3日くらいは血尿が出ていました。

肝臓の機能を高める為に、プラセンタも服用しました。

吐き気止めの処置をしたので、2日目くらいからフードが食べれるようになってきました。

血糖値は3日くらいで安定はしてきました。

入院5日目でもフードをしっかり食べれなかったので、もう少し様子見で退院は出来ませんでした。

入院6日目は点滴も取れました。

点滴が無くても大丈夫かを見る為に後1日様子を見ます。

点滴が無くても体調が安定したので、退院になりました。

我が家の猫の入院は、血糖値が安定する為のインシュリンの量を探りながら、水曜の入院から翌週火曜の退院で、トータル1週間の入院になりました。

 

1週間後の退院

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

猫が退院出来ました。

退院するときには、耳に出ていた黄疸の色が薄くなっていました。

先生はインシュリンを打ちやすくするために、ワキの上の毛を剃ってくれました。

インシュリンの打ち方の指導も受け、家でも投薬が出来る状態にします。

まだ本調子ではないようで、カリウム、胃腸薬、プラセンタ、高脂血症、インシュリンの投薬と共に退院しました。

我が家はもう1匹の猫が居るので、トイレを分ける為にゲージを用意しました。

しんどい時はゲージで寝るかと思いましたが、ごはんとトイレ以外でゲージに入ることはありませんでした。



退院時に用意した物

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

退院しても療養に専念できるように家の中を整えました。

  • ゲージ … もう1匹いる猫とトイレを分ける為に用意しました。
  • トイレ … おしっこの量、色をチェックしたいので専用の物を用意しました。
  • チュール … 投薬の粉薬を飲ませる為に用意しました。

我が家の猫はチュールよりシーバの方が好きなようで、後で買いなおしました。

今はチュール以外にも色々な種類があり、猫の好みに合わせれます(´▽`)

退院1週間後の検診

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

退院して1週間後に受信しました。

血液検査の結果を待つと、貧血の数値が出ました。

高脂血症の薬の影響が出過ぎで貧血気味になっていたようでした。

高脂血症と胃腸薬の薬を減らして様子を見ることになりました。



退院2週間後の検診

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

退院2週間後に検査に行きました。

猫の様子が少し変…病院を嫌がる様になりました。

「帰ろう」と目力で訴えてきました。

具合が悪い時は、注射も点滴も全く嫌がらなかった猫が、診察台に上がるとゲージに入って帰るそぶりを見せ始めました。

猫は採血の時も、文句タラタラで怒っていました。

採血の結果は、カリウム、リン、貧血、血糖値、いずれもほぼ正常な数値でした。

飲み薬は無くなり、インシュリンのみの投薬になりました。

黄疸の症状は全く無くなりました。

目力と ふてぶてしさ も復活し、以前の猫のようになりました(´▽`)

退院1ヶ月後の検診

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

退院1ヶ月後に検診に行きました。

体重が入院前に戻りました。

先生から「フードの量をしっかり管理して、体重が増える事も減ることも無いようにしましょう。」

と、ご指導をいただきました。

この日の猫も「病院が嫌!」というオーラであふれていました。

採血の時も、猫は文句をタラタラと怒っていました。

採血が終わると、猫はさっさと自分のゲージに入って帰る準備を勝手に始めました。

元気になると病院が嫌の様です。

採血の結果は、ちょっと貧血の気がありましたが、様子をみながらインシュリンのみの投薬でOKとの事でした。



インシュリンは一生?

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

一度、糖尿病になると、なかなか治らないそうです。

まれにインシュリンも不要になる猫ちゃんもいるようです。

我が家の猫は、現在3単位のインシュリンを打っています。

今後の我が家の目標は「インシュリン不要で元気で過ごす」です。

通院を繰り返しながら、インシュリンが不要になるまで、フードの管理、インシュリンの投薬を続けたいと思います。

退院後に注意する事

猫が退院するに際し、注意するべき事を教えてもらいました。

猫の立ち方

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

猫は通常つま先で歩きます。

後ろ足が、ぺったりと床に付いた状態で歩くのは病気の印の様です。

歯茎のツヤ

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

元気な猫の歯茎は、ツヤがあり湿っています。

猫の歯茎が乾いている時は病気のサインです。



水とおしっこの量

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

猫は水をよく飲みます。

水はたくさん飲めるように、たっぷり用意します。

おしっこの量が、いつもより増えてきたら注意が必要になります。

日ごろから、おしっこの量のチェックが欠かせません。

フードの量

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

我が家は2匹の猫が居ます。

もう1匹の食べ残しを、どちらかが食べてしまわない様に注意しています。

朝は、1頭分ずつフードの量を軽量します。

フードは食べきれる量を、時間を空けてあげています。



インシュリンの時間

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

インシュリンは、毎日決まった時間に投薬する必要があります。

どうしてもという時は、最悪前後1時間ほどズレてもいいそうですが、猫には負担かも…

投薬しやすい時間を作るために、30分ずつ ずらすのはOKだそうなので、退院時には朝の9時半にあげていたインシュリンを、毎日15分ずつずらして現在は朝の8時15分に決めています。

インシュリンは、絶対忘れてはいけない命綱なので、携帯のタイマーをセットしてインシュリンの打ち忘れが無い様にしています。

退院時には上記の注意事項の説明を受けました。

上記以外にも、少しでも「おかしい…」と思ったら受診が必要です。

まとめ

猫 糖尿病 症状 投薬 インシュリン 闘病記

我が家の猫の糖尿病の症状を紹介しました。

猫にも糖尿病があると知っていれば、もっと早く処置が出来たと思います。

同じ症状が猫に見られたら、早めの受信をお願いします。

一時は、命の危機があった我が家の猫も、現在は以前の様に穏やかに暮らしています。

病気前と違ったことは、インシュリンの投薬をしている事くらいです。

フードの量を厳しく管理しているので、お腹が空くらしく、私が在宅の時には動くたびにフードをねだられます。

もう1匹の猫も肥満気味なので、一緒にフード管理をしています。

かわいいのでご飯をあげたくなりますが、そこは心を鬼にして完治に向けて頑張りたいと思います(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す