Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » » 「猫の術後服」太った猫でも大丈夫!レギンスタイツを切るだけの簡単な作り方☆オーダーメイドで脱げない服が完成!

「猫の術後服」太った猫でも大丈夫!レギンスタイツを切るだけの簡単な作り方☆オーダーメイドで脱げない服が完成!

calendar

reload

「猫の術後服」太った猫でも大丈夫!レギンスタイツを切るだけの簡単な作り方☆オーダーメイドで脱げない服が完成!

猫の術後服ってなかなか合うのが無い…

オーダーメイドで自作してみました。

スポンサーリンク

猫の「術後服はサイズ合わない…」なら簡単に作ってみた!

我が家の猫は、数か月に一度、検査の為に術後服を着ます。

術後服を買ってみましたが、翌朝には脱げている…

友人から「タイツを切って作ったことがある」と聞いたので作ってみました。

既製品の術後服が合わない

ネットで術後服を買いました。

我が家の猫は、肥満気味の体形です。

サイズを合わせて買ったつもりが、ちょっとキツかった…

ボタンの部分に紐を付けて調整も出来るようにしてみましたが、翌朝には脱げていました…

お腹周りで服を合わすと丈が長い…

丈の長さで服を合わすとお腹周りがキツい…

既製品の術後服はなかなか合うものがありませんでした。



タイツの術後服の作り方

猫の術後服はタイツを切っただけで作れました。

切る部分は、前足の部分と後足の部分をタイツを重ねて切るだけです。

猫 術後服 タイツ 作り方 簡単

作るサイズは、上の図の様になります。

タイツを「猫の首~尻尾の付け根まで」の長さで切ります。

足の切れ込みは、下から1/3、上から2/3の場所がしっくりきました。

前足の切れ込みと、後足の切れ込みの距離は、前足の付根と後足の付根の距離の長さに合わせます。

足の切れ込みは猫の前足、後足それぞれの太さに合わせます。

我が家の猫の術後服には、前足5㎝、後足7㎝の切れ込みを入れました。

タイツはキツイ

持っていた薄いタイツで作ってみました。

持っていたタイツは意外と伸びが悪く、着れなくはないですが、なんか窮屈そう…

人間もきついタイツは疲れるように、猫も伸縮の少ないタイツは疲れるかも…



レギンスタイツがちょうどいい

伸びて、楽なタイツを探しに婦人服コーナーに行きました。

レギンスタイツが厚さもちょうどよく、とても伸びが良かったので試しに買ってみました。

レギンスタイツ太もも部分の服

レギンスタイツの太もも部分で作りました。

ピッタリとしながらもゆとりがあり、楽なように見えました。

レギンスタイツの太ももの部分で作った術後服は、翌朝には脱げていました…

レギンスタイツすね部分の服

レギンスタイツのすねの部分を使って作りました。

首回りは、レギンスの足首の部分です。

ピッタリしていますが、生地の伸びがいいので猫も楽そうです。

サイズもちょうどの様で、動きやすいですが翌朝になっても脱げていませんでした(´▽`)

お尻の部分は開いているので、トイレの後も服は汚れません♪



まとめ

猫の術後服は、伸縮のあるタイツで作るとピッタリな物が出来ました。

術後服を着る目的は、糖尿病の計測センサーを舐めて取り外すのを防ぐために着せています。

猫は服を着るのが嫌だと思いますが、検査の為にはしかたない…

せめて着るなら、猫のストレスが少しでも少ない楽な物を着せたい…

作った術後服は、今のところ脱げることも無く、リラックスも出来る用です(´▽`)

糖尿病を直せば、術後服を着ることも無い…

猫が100%元気になる様に、共に頑張っていこうと思います(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す