Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 旅のオススメ » 【アゴダキャンセル不可】変更可能!?キャンセルボタンを押す前にダメもとで宿泊施設への問い合わせすべし!

【アゴダキャンセル不可】変更可能!?キャンセルボタンを押す前にダメもとで宿泊施設への問い合わせすべし!

calendar

reload

【アゴダキャンセル不可】変更可能!?キャンセルボタンを押す前にダメもとで宿泊施設への問い合わせすべし!

ホテル予約でアゴダを使ったけど、キャンセル不可は変更できない!?

直接連絡すれば変更できるかも…

宿泊施設への問い合わせ方法を紹介します。

スポンサーリンク

アゴダキャンセルボタンの前に宿泊施設へ問い合わせ

1月末にagodaで宿泊予約をしました。

行先は韓国、予約日は2月29日でした。

2月中旬よりコロナウイルスが世界を騒がせはじめました。

韓国でも感染者が多く広がり、繁華街の店も閉まっているとの情報が入りました。

航空会社によっては運行中止もあり、旅行の状況は悪化しました。

2月27日には渡航を延期しようと決めました。

アゴダキャンセル不可で予約

旅行にはまず飛行機の予約をしました。

ホテルの予約は、毎回アゴダで最安値で予約をします。

私が予約したのは2月24日まではキャンセル無料というものでした。

旅行の計画をしている時には、キャンセルするつもりは全く無いので、直近になればキャンセルできない最安値で申し込みをしました。

2月26日には旅行に行く気でいましたが、2月27日でコロナショックの状況は悪化し旅行の延期を決定しました。

2月27日はキャンセル不可…コロナショックの影響でやむを得ずのキャンセルなのにアゴダはキャンセル不可…

アゴダの「キャンセルボタン」を押す前にダメもとで直接、宿泊施設に連絡しました。



宿泊施設への問い合わせを活用しよう

アゴダで予約をした場合、予約確認画面には「宿泊施設へ問い合わせ」のボタンがあります。

「宿泊施設へ問い合わせ」を開くと詳細がでます。

宿泊施設へ直接連絡する方法は2種類あります。

  • 電話で問い合わせ
  • Eメールで問い合わせ

電話だと、ほぼ現地の言葉で話す必要があります。

語学が堪能であれば、電話連絡でも可能です。

メールだと問い合わせの内容がメールとして残ります。

何かトラブルになった時は、履歴の提示が出来るので便利です。

私はカタコトしか話せないのでEメールで問い合わせしました。

メールで問い合わせする内容です。

問い合わせ内容・アゴダのBooking ID
・アゴダのBooking Referece No
・部屋数
・宿泊人数
・部屋タイプ
・予約者
・メールアドレス
・チェックイン予定日→チェックイン変更日
・チェックアウト予定日→チェックアウト変更日
・予約変更理由

メールで問い合わせる内容は、アゴダの予約確認書にある内容を書きます。

全て旅行先の現地の言葉で記入しました。

内容はGoogle翻訳アプリを使うと簡単に入力できます。

アプリで翻訳したものを、メールの本文にコピペすれば現地の言葉でメール本文が作れます。

実際に送られてきた返信メール

↑実際に送られてきたメールです。

「コロナウイルスにより渡航が出来ません。

予約の変更をお願いします。」

と予約番号、変更予定日も全て記入し送ったら「変更完了しました。」とだけ送られてきました。

変更出来たっぽい…

予約確認書は?本当に予約で来た?

色々と不安は募りますが、変更を信じたいと思います。

無事に変更が出来たのか…後日レビューしたいと思います(´▽`)



まとめ

アゴダでは、キャンセル不可でも宿泊施設への直接連絡で変更ができることもあります。

「キャンセル」ボタンを押す前に直接宿泊先にメールで問い合わせしましょう。

変更が出来ればラッキー♪とダメもとでもトライする価値はあります(´▽`)

今回は、コロナウイルスによる予測不能の事由によっての「やむを得ない旅行延期」でした。

事によればホテル側の配慮もあるようです。

楽しい旅行のため、予測不能の事由でもあの手この手で乗り越えたいと思います(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す