Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » ラク家事のススメ » 【アイリスオーヤマ】グリルパンは使いやすさは?サムギョプサルが美味しく焼けるアイテム|ラク家事ブログ

【アイリスオーヤマ】グリルパンは使いやすさは?サムギョプサルが美味しく焼けるアイテム|ラク家事ブログ

calendar

reload

【アイリスオーヤマ】グリルパンは使いやすさは?サムギョプサルが美味しく焼けるアイテム|ラク家事ブログ

アイリスオーヤマのグリルパンを使ってみました。

めっちゃいいやん…使ったレビューを紹介します。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマグリルパンを使ってみた

ステイホームが続くと、サムギョプサルを家で食べる機会が増えました。

フライパンでサムギョプサルを焼くと、余分な油で肉が溺れます…

韓国ドラマでみるザイグルも欲しいけど、大きいし、専用ってのはちょっと…

波型のグリルパンを探してみました。

アイリスオーヤマ グリルパン

アイリスオーヤマ グリルパン 簡単 便利 オススメ 波型

我が家が求めるグリルパンは、サムギョプサル、ステーキ、ハンバーグ、魚を焼きたい!

  • 波型のプレート
  • 洗いやすい
  • IHでも使える

たくさんあるグリルパンの中から、アイリスオーヤマのグリルパンに決めました。

アイリスオーヤマのグリルパンは「本体・フタ・シリコンの鍋掴み」の3点セットとシンプルです。

大きさは、横37㎝(取っ手込み) × 縦22.5㎝ × 高さ6㎝ です。

素材は鉄ではありません。

表面にはフッ素樹脂加工がされています。

手軽な価格と扱いやすそうなので、我が家はアイリスオーヤマのグリルパンに決めました。



グリルパンってどんなのがあるの?

グリルパンってどんなのがあるの?

購入前に色々と調べてみました。

クーパン、南部鉄器、ストウブなどたくさんあります。

created by Rinker
岩鋳(Iwachu)
¥7,830 (2021/10/20 19:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

価格は3000円くらいから、1万円超えまでと価格もバラバラ…

丸い形、取っ手付きなど形もバラバラです。

選ぶ際は、用途、使いやすさ、作りたい料理などを吟味して選ぶ方が良さそうです。

アイリスオーヤマ グリルパンはここがいい!

アイリスオーヤマのグリルパンのここが気に入りました。

取っ手が同じ素材

アイリスオーヤマのグリルパンは、取っ手が同じ素材で出来ています。

調理中は、取っ手が熱くなるので直接触る事は出来ません。

取っ手が熱くなった時用に、専用のシリコンの鍋つかみが付属されています。

グリルパンの取っ手が本体と同じ素材だと、継ぎ目などが無いのでキレイに洗えます。

取っ手が金属だと、オーブンやグリルに直接入れる事が出来るのが便利です(´▽`)

BBQなどで、グリルパンを直火に置くことも出来ます。



フタがガラス

アイリスオーヤマのグリルパンは、フタがガラス製です。

ガラス蓋の取っ手は、ナチュラルな木目です。

丸く大きな持ち手は、つかみやすいです。

ガラス蓋は、蒸し焼きの時など、中の料理の状態も見れます。

中を見ながら調理できると、料理がベストな火の通り具合を確認できるのが気に入りました。

IHの段差も大丈夫

購入前は「IHの広さって、そんなに大きくないけど、グリルパンがIHからはみ出すんじゃない?」と少々不安でした。

我が家のIHに置いてみると、やっぱり「はみ出したか…」

IHの周りのふちが熱くなっちゃう?と少々不安になりました。

グリルパンの底は、IHヒーターがあたる面はしっかり確保されています。

IHの接地面は、しっかりと当たる仕様です。

IHヒーターに当たる部分は、少し凸っとしています。

ヒーター部分以外は少し段差があり、IHの外枠には底面があたりにくくなっています。

IHの外枠の部分に、グリルパンはかかりますが、外枠の段差にはギリギリグリルパンは当たっていません(´▽`)

アイリスオーヤマのグリルパンは、IHからはみ出していても大丈夫な使用になっていました。

※IHの機種によって違いがあるので、購入前にご確認ください。

お手入れが楽

アイリスオーヤマのグリルパンの表面は、フッ素樹脂塗膜加工がされています。

フッ素樹脂加工はされていますが、使う前には油を塗ってから使います。

使った後は、油を塗っていても鉄板に魚の皮や肉汁がこびりついていました。

グリルパンが冷めてから、しばらく水を張って置いておきました。

汚れはすぐに落ちてお手入れも楽に出来ました(´▽`)

素材が鉄ではないので、錆びにくくお手入れも簡単です。



使ってみた感想

アイリスオーヤマ グリルパン 簡単 便利 オススメ 波型

アイリスオーヤマのグリルパンで肉を焼いてみました。

グリルパンは大きく、大きな肉を2枚乗せてもまだ余裕があります。

肉から出るドリップが、波型の底に落ちてくれるので、肉が臭くなく焼けました~♪

サンマも切らずに乗せれます(´▽`)

サムギョプサルは、美味しく焼けます。

バラ肉を焼きましたが、豚肉の油はしっかり落ちてくれました。

油がしっかり落ちるので、肉がカリカリに焼くことが出来ます♪

グリルパンに残った油を見て驚きました。

グリルパンの深さがちょうどよく、調理台まわりの油跳ねも少なく感じました。

しっかりと脂が落ちた美味しくサムギョプサルが、手軽に出来ました。



ここが残念…

買ってみた後に気づいた「残念」を紹介します。

オーブン・グリルに入らない

アイリスオーヤマのグリルパンは、取っ手が本体と同素材なのでオーブンにも使える!と思い買いました。

サイズは「入るんちゃう?」と思いテキトーに買いました…

我が家の魚焼きグリル、オーブンには入りませんでした( ;∀;)

海外仕様の大きなオーブンだと余裕で入ると思います。

オーブンで使う予定のある方は、サイズにご注意ください。

端の方は温度が低め

サンマを焼いている時に気づきましたが、端の方の温度が低いかも…

頭と尻尾の焼け具合が浅い…

サムギョプサルを焼いていて確信しました。

グリルパンの端の方の温度が低いです…。

サムギョプサルは、半分に切って返しながら焼くので問題はありません。

サンマは頭と尻尾が焼けごろになると、中央部分は火が入り過ぎる…

IHで使用する場合、グリルパンの場所によっては温度が違う事もあるようです。

しっかりグリルパンを熱するか、火力の強さに注意が必要の様です。



まとめ

アイリスオーヤマのグリルパンは、思った以上に使える優秀なグリルパンでした(´▽`)

ハンバーグや、ステーキは、フライパンで焼くと汁が出てきて嫌でした…

キッチンペーパーで汁を拭きとりながら料理をしていましたが、なんかちゃう…

アイリスオーヤマのグリルパンは、調理中の余分な肉汁、魚の汁は溝に落ちてくれます♪

料理中のプチストレスを解決してくれて、料理を美味しくしてくれました。

美味しいサムギョプサルが、手軽に家で食べれるようになった…

更なるレパートリーを増やすために、たくさん使ってみようと思います(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す