Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 子育て » 我が家の池田地球「ラン活」記録!NASAのランドセルはどこで買うのが一番いい?|子育てブログ

我が家の池田地球「ラン活」記録!NASAのランドセルはどこで買うのが一番いい?|子育てブログ

calendar

reload

我が家の池田地球「ラン活」記録!NASAのランドセルはどこで買うのが一番いい?|子育てブログ

来年の入学準備のランドセルを決める「ラン活」をしました。

我が家のラン活記録と展示会の内容を紹介します。

スポンサーリンク

我が家の「ラン活」記録

我が家には「ラン活」は不要と思っていました。

気が付くと普通にラン活をしていました。

展示会の活用の仕方と我が家のランドセルの決め方の記録です。

ランドセルの決め手を決める

冊子や雑誌でランドセルを決める為の情報を収集しました。

決め手を決めるのは先輩ママアンケートなどを参考にしました。

耐久性、カラー、フィット感、軽さ、素材など決めるポイントはたくさんあります。

我が家はフィット感と軽さを重視しました。

6年間背負うものなので少しでも快適に背負える物がいいと考えました。

決め手となるポイントを絞るとランドセル選びがスムーズになります。

ラン活スケジュールの記録

我が家の「ラン活」活動記録です。

2月 ネットで型落ち探し&リサーチ

ランドセルはメーカーを決めるまでは「型落ち品で十分」とネットでセール品を探していました。

小学生がいるママに、ランドセルのメーカーを色々聞いて情報を収集しました。

「NASAのランドセル」と聞いたことのないメーカーを知ることが出来ました。

「NASA」は池田地球という会社が出しているランドセルで、興味が出たのでネットで調べました。

有名な大手ブランドかNASAか悩みました。

NASAは「フィット感が良さそう」という理由で、ランドセルは「池田地球のNASA」に決定しました。

3月 ネットで最終価格をチェック

メーカーを池田地球に決めたので型落ちを買おうか悩みました。

実際に背負っていなかったので、ネットでの購入をあきらめました。

5月 百貨店で実物の確認&他メーカーのチェック

百貨店では実際に「池田地球のNASA」のランドセルを見ました。

他のメーカーのランドセルも試しに3種類ほど背負いました。

実際に何種類か違うランドセルを背負って比べてみました。

息子の反応を見て、我が家には池田地球のランドセルがあっていると確信しました。

メーカーは「池田地球」に決めたけど「NASA」のランドセルにも、いくつかの種類があり、違いがよくわかりませんでした。

池田地球のランドセルの種類を実際に比べて見たいと思い、ショールームを探しましたが関西にはありませんでした。

6月 展示会の申込&ランドセルの購入

展示会で「NASA」のランドセルの全種類を見ることにしました。

「池田地球」のホームページで展示会情報を入手しました。

すぐにランドセル展示会に申し込みました。

展示会では、入場15分の即決で「池田地球NASA」のランドセルが購入が出来ました(´▽`)



ランドセルは百貨店に下見がオススメ

百貨店には下見で行くのがオススメです。

百貨店の店員さんは情報が豊富で希望を言えば店員さんは希望のランドセルをピックアップしてくれます。

各社のランドセルが陳列されているので見比べもゆっくりできます。

1個目、2個目は「池田地球」ではない他のメーカーのランドセルを背負いました。

3個目に「池田地球NASA」のランドセルを背負わせました。

「池田地球NASA」NASAのランドセルを背負うと、息子が「軽い」と言いました。

重量は1個目、2個目に背負ったものより、池田地球のランドセルは100gほど重かったのに、背負い心地は一番軽かったようです。

実際に背負ってみて、ランドセルの重さより背負い心地で軽く感じると知りました(´▽`)

百貨店に行ってメーカーを確定させることが出来ました。

気に入った物があれば百貨店で購入もオススメです。

刺繍の名前入れなどのサービスは充実しています。

我が家は息子の希望するカラーの取り扱いが無かったので下見に終わりました。

ランドセル展示会に行く理由

NASAのランドセルに決めたものの、モデルによっての違いが分からない…

百貨店は「池田地球NASA」のランドセルは取り扱いがあるものの、NASAは2種類で希望するカラーが無い…

ネットで見たカーボン調のランドセルも気になる…

メーカーを決めているならランドセル展示会で比べて見るのが一番です。

展示会に行くのはメーカー担当者に話を聞けば「モデルの違いも聞けて分かり易い」という理由で行きました。



展示会までの準備

事前に準備しておけばよかった…がいくつかありました。

ランドセル展示会参加予約は早い目がオススメ

ランドセルの展示会は午前・午後の2部構成で、それぞれ2時間でした。

6月23日開催の展示会に、我が家が予約したのは6月2日でした。

予約の時には「午前の部」が定員いっぱいで締め切られていました。

午後の部に空きが少しあり、ランドセルの展示会の申し込みが出来ました。

定員がいっぱいになるとキャンセル待ちになります。

ランドセルの展示会に希望時間があるなら、早めの予約がオススメです。

メーカーをあらかじめ決めておく

展示会に自分の希望するメーカーが来るのかは重要です。

メーカーを絞らず行くと、大きな会場で目移りだけして決められません。

親も子も疲れて無駄足になるなんてことも…

会場で親子喧嘩をしない為にも、事前に下調べをオススメします(´▽`)

展示会に参加しているメーカーのランドセルの特徴を調べておくと便利です。



ランドセルの決め手を絞り込んでおく

写真:大丸・松坂屋カタログより

軽さ?カラー?装飾?合皮?皮?ブランド?

決め手を2,3個に絞り込んでおけば決めやすいです(´▽`)

 

子どもと色をあらかじめ決めておく

写真:セイバンカタログより

展示会の会場に入る前に子どもとランドセルの色を決めておきましょう。

展示会にはたくさんの色のランドセルが並んでいます。

子どもは、その場で見た物を決めがちになってしまいます。

一目惚れもいいですが、親子で意見が割れないように事前に話し合っておくと、子どもも納得しやすいです(´▽`)



ランドセルの展示会の様子

展示会は特設会場で催しされていました。

受付で事前予約していた名前と人数を伝えて入ります。

会場にはたくさんのメーカーが来ていました。

メーカーごとにブースが分かれています。

広い会場にたくさんの家族連れで賑わっていました。

おじいちゃん、おばあちゃん連れの方もたくさん来ていました。

展示会の中ではランドセルを実際に背負って写真を撮れます。

ランドセルには、実際2㎏(教科書の重さ)の重りをランドセルに入れて背負えました。

メーカーの担当者もたくさん来ていたので、話も聞けてランドセルの違いを見比べる事が出来ました。

 

決定したランドセル

池田地球NASAの「バイカラー」にしました。

息子の希望は●マリンブルー、親の希望は●ダークブルー

親は「子どもが選ぶ色はあり得ない」と思いますが、子どもも「親の選ぶ色はあり得ない」と思うのだと思います。

先輩ママアンケートに「子どもの選ぶ色にしてあげればよかった…」という意見もあったので、我が家は子どもの希望の色にしました。

フィット感と軽さも備わった、シンプルなランドセルになりました。

ランドセルの展示会には特典もありました。

ランドセルの価格が展示会価格で販売されていました。

割引…展示会で購入する最大の魅力かもしれません(´▽`)

商品を予約購入するとノートセットがもらえました。

ランドセルの刺繍も聞きましたが「池田地球」では刺繍サービスは行っていませんでした。

展示会には昨年度のアウトレット品もありました。

アウトレットは3万円を切るものもありました。

色やモデルは偏っていましたが、価格は安くて惹かれました(´▽`)

ランドセルの納品

展示会の注文では「納品は2月予定です」と言われました。

黒など定番カラーはもう少し納品が早いと思います。

ランドセルは翌年の4月に使うものなので、気長に待ちました。

11月下旬に「納品が早まって、12月上旬にできます」と連絡がありました。

我が家は、6月注文 → 12月納品 でランドセルが到着しました(´▽`)



まとめ

我が家の「ラン活」は無事に終了しました。

周りの友人もラン活は早い時期に行っていました。

人気のランドセルメーカーは「5月10日までに申し込めば希望の色が注文できる」との事で、6月までにランドセルを決めた人がたくさんいました。

我が家は少し遅めの「ラン活」です。

今回の「ラン活」は息子用なので、男子はこだわりも無く、ランドセルを選ぶのにも時間はかかりませんでした。

展示会の滞在も20分ほどで購入を決めることが出来ました。

展示会では娘用の下見もしてみました。

女の子はカラーも多く、装飾を考えると選ぶのが大変そうです。

帰りに見たfafa(フェフェ)のランドセルは色がかわいく目を引きました。

娘のラン活も頑張ろうと思います(‘◇’)ゞ