Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 子育ては面白く » 合成皮革の修理は?靴が剥げたので塗るだけで簡単な「add」カラーを使ってみた!仕上がりは?

合成皮革の修理は?靴が剥げたので塗るだけで簡単な「add」カラーを使ってみた!仕上がりは?

calendar

合成皮革の靴が擦れてボロボロ…

もう少し履けるかも…修理をしてみました。

スポンサーリンク

合成皮革の靴を修理してみた!addカラー便利なクリーム

合成皮革の靴の先が擦れてボロボロに見えてきました。

つま先はボロボロだけど、買い換えるほどでもない…

つま先だけ修理したら、マシになるかも…

「add」カラーという物を使ってみました。

「add」カラーのホワイト

addカラー 使用レビュー,合成皮革 補修クリーム,合成皮革 修理

addはカラーがコロンブス社が出している、皮の傷を補修するクリームです。

カラーは、

  • グレー
  • 濃茶
  • 赤茶
  • 薄茶
  • キャメル
  • ライトベージュ
  • アイボリー
  • ホワイト
  • 黄色
  • スカーレット
  • ライトブルー

と使いたい色に合わせる事が出来ます。

絵の具の様なクリームなので、使いたい色に合わせて、自分で色を作るのも出来そうです。



筆があると便利

addカラーは、絵の具の様なクリームです。

絵の具よりも柔らかく、トロッとしています。

使う前まで「指で塗ればいいや」と思いいていましたが、クリームが緩すぎて指だとキレイに塗れません。

子どもの絵の具筆を借りてaddカラーを塗りました。

クリームの伸びがいいので、筆の方が塗りやすく、キレイな仕上がりになります。

筆に付いたクリームも、乾く前に水道で流せばキレイに落とせます。

addカラーは筆を使う方が便利です。

addカラー使い方のコツ

addカラーを使ってみて、分かったことがありました。

使い方のコツを紹介します。

薄く重ね塗り

addカラーは購入前に、レビューを調べました。

塗った部分が「剥げた」より「剥がれた」というレビューをよく見ました。

剥がれるという事は「厚塗り注意!?」と考えて、薄く塗る方がいいのかも…と薄く塗りました。

薄く塗って、半日ほど放置して、また薄く塗って、半日ほど1晩放置して、また薄く塗りました。

3度ほど薄く重ね塗りをしてみました。



マスキングテープ

addカラーは、絵の具の様なクリームです。

乾く前なら拭きとるだけでキレイに拭えます。

乾いてしまうと、なかなか色が取れません。

靴のソールが別のカラーの場合は、マスキングテープで保護することをオススメします。

addカラーの使用前と使用後

addカラーを使う前の靴です。

合成皮革の靴ですが、歩いているうちに剥がれたようでした。

addカラー1度塗りをした後です。

剥げた部分の凹凸がはっきりとしています。

今回修理した靴は、アッパー部分で切り返しの縫い目があるので、どこまで塗るかの目安が合あって塗りやすかったです。

2度塗りした後の写真です。

1度塗りより表面がなめらかになったような気がします。

傷の凹凸はまだあります。

3度の重ね塗りをした後の写真です。

表面が滑らかになってきました。

靴をジーッと見なければ、傷は気にならなくなりました(´▽`)



まとめ

addカラーを塗った靴を履いて、1日歩いてみました。

アッパーに塗ったaddカラーは全く剥げる事も無くキレイに保てました。

つま先の部分は塗りが浅かったのか、歩いて地面に擦れたのか、少しカラーは剥げました。

addカラーを塗る前に、破れている余分な皮をキレイに取り除いた方が持ちが良さそうに思います。

アッパーの部分がキレイになっただけでも、靴の見え方が違うのでaddカラーを塗ってよかったなぁ…という感想です。

addカラーは、薄く重ね塗りをしたら「剥がれる」という事はありませんでした。

地面に擦れなければ、addカラーを塗った部分はキレイを保てるようです。

剥げたらaddカラーを塗る、剥げたら塗るで、靴を使い倒したいと思います(‘◇’)ゞ

関連コンテンツ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す