Have fun !

子連れハワイ旅行、韓国旅行、子育て、手芸、猫とのライフを楽しむブログ

Home » 子育て » 六甲山カンツリーハウス|フリーパスは子どもだけでOK?有料遊具の詳細

六甲山カンツリーハウス|フリーパスは子どもだけでOK?有料遊具の詳細

calendar

reload

六甲山カンツリーハウス|フリーパスは子どもだけでOK?有料遊具の詳細

六甲山カンツリーハウスに行きました。

子どもの面白いアトラクションがたくさんあるので1日遊べます。

フリーパスは大人も必要?

我が家のフリーパスの買い方を紹介します。

スポンサーリンク

六甲山カンツリーハウス フリーパスの買い方

六甲山カンツリーハウスには有料のアトラクション遊具があります。

行くまでは「フリーパスは家族全員分が必要?」と思っていました。

実際行ってフリーパスを使ってみました。

六甲山カンツリーハウスの詳細

営業期間

4/13~11/24(2019年の場合)

※冬季は六甲山スノーパークになります。

営業時間

10:00~17:00(16:30受付終了)

休園日

4/18~6/6の木曜日(祝日を除く)

9/5(木)、9/12(木)

入園料

おとな620円、子ども310円、犬1頭100円

入園料の割引はJAFの会員カード急阪神のペルソナカードの提示で安くなります。

支払いは現金のみです。

もし車に忘れ物をしても大丈夫です。入り口で入場券を見せると入場できます。

 

駐車場
  • 普通車500円
  • バイク300円
  • バス2000円(バスのみ要予約)

平日は駐車場は無料です。(7/22~8/30は除く)

4/27~5/6、8/10~8/15は駐車料金が1000円です。

六甲山カンツリーハウスの駐車場に停めると当日に限り、

  • 六甲山ガーデンテラス
  • 六甲山フィールド・アスレチック
  • 六甲高山植物園
  • 六甲オルゴールミュージアム

上記の駐車場には無料で停めることができます。



有料アトラクション遊具

種類 所要時間 受付最終時間 料金
パターゴルフ 9ホール 16:00 1000円
魚釣り エサがなくなるまで 16:00 1000円
わんぱくスキー 15分間 16:30 600円
ペダルボート 10分(2人乗り) 16:30 650円
トランポリン 10分間 16:30 300円
フアフア 10分間 16:30 250円
ゴーカート 1周(2人乗り) 16:30 650円
バブルボート 5分間 16:00 600円
アクアチューブ 5分間 16:00 1000円

 

フリーパスの種類

フリーパスは2種類あります。

お手軽パス:2000円(4/13~11/24の毎日販売)

満喫パス:2500円(4/13~11/4の土日祝、7/22~8/30のみ販売)

種類 お手軽パス 満喫パス
パターゴルフ
魚釣り
わんぱくスキー
ペダルボート
トランポリン
フアフア
ゴーカート ×
バブルボート ×
アクアチューブ ×

ゴーカート・バブルボート・アクアチューブをするなら満喫パスがお得です。

ゴーカート・バブルボート・アクアチューブは坂の下まで降りないとできません。

帰りは登りがかなり大変です。

坂が大変なのでゴーカート・バブルボート・アクアチューブをしに坂の下に降りないという方法もありかもしれません。

 

販売場所

園内各入り口、魚釣り・パターゴルフ受付、ゴーカート受付

フリーパスは入場口では窓口で買えます。

園内では自販機でチケットを買います。

チケットを魚釣り・パターゴルフ受付かゴーカート受付で自販機で購入したチケットを係りの人に渡します。

チケットと引き換えにフリーパスのアームリングを付けてくれます。

購入は現金のみです。

最終販売時間

フリーパスは14:00まで販売しています。



我が家のフリーパスの場合

我が家には5才男児と3歳女児が居ます。

フリーパスの買い方に悩みました。

5才は有料遊具は全部できるので満喫パス。

3才はバブルボートとアクアチューブが4才から(パンフレットに記載あり)なのでお手軽パスか満喫パスで悩みました。

店員さんにゴーカートは3人乗れるか聞きました。

子ども1つパスで付き添いの親と小さい子どもも乗車できるとの事でした。

5才を満喫パス、3才をお手軽パスと別々のフリーパスを買いました。

 

アトラクション楽しみ方

実際に5才と3才でアトラクションをやってみました。

パターゴルフ

受付でプレー人数を伝えます。

我が家は子どもだけプレーしました。

子どものパスで親は付き添いで入れます。

付き添いの親はプレーすることはできません。

親の分のパターゴルフのチケットか親の分のフリーパスがあれば一緒にプレーはできます。

小学生くらいのお子さんなら一緒にプレーも楽しめると思いますが、3才と5才は付き添いで精一杯でした。

子どもの小さいパターも用意されています。

ボールは入り口でプレー人数分だけ貸してくれます。

靴は運動靴で大丈夫でした。

コースは3つあります。つつじコースはアップダウンが少ないので小さい子供向きです。

グリーンもキレイで楽しくゴルフが出来ました。

植物や虫を見ながら行くのも楽しかったです(´▽`)

 

魚釣り

パターゴルフのすぐ横に池があり釣りが出来ます。

フリーパスかさkな釣りチケットの数だけ釣り竿セットが借りられます。

小さい子供用に短い竿もありました。

エサは小麦粉らしきものを練った団子状のものをもらえます。

虫を触れない子ども、ママさんに優しい魚のえさです。

3才の娘はエサをちぎって池の魚にあげていました。

魚は大きな鯉?フナ?がたくさん泳いでいます。

釣った魚は即リリースになっているので持って帰れません。

子どもは最初の内だけ魚釣りを楽しみました。

飽きるとじ~っとしていないので、ほとんど親が釣りをすることになりました。

パパさんの竿には何度かアタリがありました。

魚は釣れませんでしたが親はのんびり座って休憩が出来ました。



わんぱくスキー

人工芝の上をソリに乗って降りてきます。

ソリと軍手は貸してくれるので手ぶらで大丈夫です。

芝は毛足が長くスピードは出にくいので子どもだけでも大丈夫そうでした。

わんぱくスキーの前にテントとベンチが用意されていました。

親はベンチに座って休憩出来ます(´▽`)

滑ると自力で歩いて上がるのがしんどいのか、何回か滑ると満足した様でした。

 

ペダルボート

お手軽パス・満喫パスのどちらでものれます。

2台に分かれて親と子で乗りました。

水の上なのでとても涼しく気持ちよかったです。

3才も5才も子どもはペダルに足が届かないので、漕ぐのは親の役目になります。

ボートでのんびり水の上で浮かぶだけでも楽しいです。

疲れたら漕がずに浮かんでいるだけでも楽しいです(´▽`)

 

トランポリン

フリーパスで子供だけで入りました。

トランポリンの飛ぶところに入らなければ、親も付き添いできます。

小学生の子供さんはトランポリンで側転をしたりと楽しそうでした。

3才の娘は飛んできたテントウムシに気を取られてトランポリンはそっちのけでテントウムシと遊んでいました(´▽`)

 

フアフア

屋根のある遊具なので子どもも快適に遊べます。

2才くらいの小さい子どもでも遊べます(´▽`)

ボールを投げたり跳んだりと自由に遊んでいました。

 

ゴーカート

身長が140cmに満たない場合は親の付き添いが必要です。

5才児の満喫パスで付き添いの親と3才の3人で乗りました。

オープンカー気分で子供は喜んでいました。

運転はアクセルとブレーキ、少し重めのハンドルなので大人なら簡単に運転できます。

ゴーカートのコースの上をフォレストアドベンチャーの人がロープで滑っているの下から見るのも面白いです(´▽`)



バブルボール

3才児がやりたいとグズりだしました。

係員さんが身長もあり出来そうと言ってくれてバブルボートをすることになりました。

3才児のパスはお手軽パスなのでバブルボートは650円のチケットが必要になります。

するとわかっていれば満喫パスにすればよかった…( ;∀;)

650円のチケットを買ってバブルボートを楽しみました。

するまでは怖がっていた5才児も楽しかったようで「もう1回したい」と気に入ったようです。

中は暑くない?と思いましたが水が冷たく気持ちよかったそうです。

写真を撮るコツは、バブルボートの上からだと水の上で浮かんでいる面白い写真が撮れます(´▽`)

 

子どもが楽しい水遊び

ペダルボートの横にせせらぎの丘という水遊びの出来るスポットがあります。

階段を上ると水遊び場が出来るようになっています。

帰る前に遊ばせに行きました。

水深は子どもの足首くらいなので溺れることもなさそうなので安心です。

日陰が無いので親は少々暑いです。

水好きな子どもが居る家には堂々と水遊びが出来るスポットは嬉しいです(´▽`)

最初は「足だけ濡らしていいよ」と約束しました。

ふとした瞬間に3才がつまずいて服がビショビショになりました。

着替えを持参していたので「もう好きなだけ遊んでください」と言うと5才児も一緒にずぶ濡れになりながら遊びました。

せせらぎの丘に行くなら着替えは必須です。。。



まとめ

フリーパスは満喫パス(2500円)でもパターゴルフ(1000円)・魚釣り(1000円)・ペダルボート(650円)だけで元が取れます。

ゴーカート・バブルボート・アクアチューブをするなら満喫パスがオススメです。

日によってはバブルボート、アクアチューブがやっていない日もありそうなので購入前に確認してください。

土曜日に行きましたがアクアチューブはお休みでした。

アクアチューブ・バブルボートをしないなら、ゴーカートは5才・3才・大人の3人で乗れたので兄弟でフリーパスの種類を変える方法も出来ます。

園内には有料の乗り物もあります。

1回200円でした。

パパさんは娘にねだられて200円を投入していました。

2才くらいの子供さんならフアフアと乗り物、せせらぎの丘で十分楽しめると思います。

後日、再度行きました。

5才の息子は11:00~16:30までにゴルフ、釣り、ボート、トランポリン、アクアチューブ、ゴーカート、わんぱくスキー、ゴルフ2回目、ゴルフ3回目、ボート2回目、ゴーカート2回目、トランポリン2回目とたくさん楽しんでいました。

満喫パス2500円で8800円分の遊具が遊べました。

六甲山カンツリーハウスで遊ぶならフリーパスを上手に使えばたくさん遊べます。

安く子どもが遊べる方法を色々と探したいと思います(‘◇’)ゞ

 

六甲山フィールドアスレチックは何歳から?楽しめる年齢と持ち物